ペイント屋あきなのいつものこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生日

長男が誕生日を迎え、無事6歳となりました。

保育園のお友達とそのお兄ちゃんお姉ちゃんに来てもらって初めてのお誕生日会♪( ´▽`)
準備もせっせと手伝い、毎日早起きしては「今日(もしくは明日)お誕生日会??」
と一日千秋の思いで迎えた当日。




みんなが揃ったら工作からスタート( ´ ▽ ` )ノ
この日の工作はガラス絵の具を使ってサンキャッチャー作りでした

さすが年長さんたち。集中力と持続力を発揮してみんな上手に完成する事ができました(*゚▽゚*)


乾くまで触れないので完成品は後日お届け。

窓にぶら下げると光を通してきれいです♪( ´▽`)ツリーに下げてもいいかな。
作業中はてんやわんやで写真なぞ撮る暇がありませんでした。


早く完成した子は別の工作も

さて、工作が終わるとテーブルにびっちり貼り付けてたシャワーカーテンを剥がしてごはんごはん~(=´∀`)人(´∀`=)




この真ん中のおにぎりはお友達の小学生のお兄ちゃんが全部握って、お友達の女の子が海苔を巻いて作ってくれたんです。

これが本当にお世辞抜きでめちゃくちゃ助かりました。

焼くだけ、切るだけ、の簡単お料理ばかりでしたが量が多いので思ったより大変で
焦っている所に現れた手伝ってくれたお兄ちゃん達がこの日のMVP

保育園児とのお料理はお手伝いとは名ばかりの作業量増!倍率ドカン!って感じなので、
材料を用意するだけで目を離して別の作業ができる。出来上がってる!こぼさない汚さない手直し要らない、っていうのに感激しました
普段からお手伝いしてるんだろうな~と感心です。






そしてこの度『フルーツブーケ』なるものを初めて作ってみました。
しかし串を刺す土台のレタスを買い忘れた為に急遽冷蔵庫にあったキャベツを土台に。
そしたら固い固い!
固くて串を抜くのに子供たち力いっぱい(笑)
見た目は華やかでいいんですけどねぇ~

土台となった蜂の巣キャベツは、後日お好み焼きになりました。


そして今日のピニャータはスノーマン
お菓子を拾った後はやんちゃ坊主たちに見事なまでにバラッバラの和紙に戻されたスノーマン
お勤めご苦労様でした



素敵なお友達のお陰でとっても素敵な楽しい一日となりました(=´∀`)人(´∀`=)どうもありがとう~

スポンサーサイト

『 食用 虫 』

ライオンキングでティモンとプンバがあんまり美味しそうに虫を食べるので

長男も虫を食べたがりました(´Д` )


好奇心の芽を潰してはいかんかと試しにネットで検索を。

カチカチッとね



ウヒーー((((;゚Д゚)))))))
無理ムリむりー
ごめんなさい、これは無理です。台所に置きたくもありません(*_*)
検索は自己判断で!!


食虫文化について話したことがあるので虫が食べられる事を長男は知っています。
なので気持ち悪いから無理という理由では中々納得してくれない(´Д` )

妥協案で虫の形をしたなにかを作る事に。



有名な王蟲ライスです。
中身はもちろんオムライス


これで何とか納得頂けました。
ついでにポテトサラダで長男作スノーマン


虫はダメだ…(~_~;)

ツリー登場。今年で6年目。

クリスマス準備




オーナメント落とし隊の攻撃に備え
木の上半分に飾りが寄るというかっこ悪いクリスマスツリーも今年でやっと卒業できそうです。



アドベントカレンダーにもラムネを詰めて。
後日、目を離した隙に次男に全ての引き出しをひっくり返され長男激怒。あーあ(´Д` )



そして12月は長男のお誕生日月

お誕生日会の招待状を長男と作成。




調子に乗って封筒と消しゴムはんこも




クリスマスって心が踊りますね。
玄関に飾るリースも欲しくて毎年探すのですが、コレぞ!というリースに出会えなくて未だに買えないでいます。
まだ見ぬ我が家のリースはいずこに。

ライオンキング

ハクナ・マタータ!!

劇団四季のライオンキングを観て参りました。
観劇初体験。
そして私の世界はまた広がった!!出会いに感謝(=´∀`)人(´∀`=)


何て楽しい!一回じゃ足りない!
超ロングランも納得です。


ライオンキング演技も装置も衣装も全てすごかったです。

まず劇場の客席からしてすごい。
席の前後の高低差が大きくて二階壁際の端の席でも何の不自由もなく舞台が見えます。映画館やホールで感じる不快感がない。

そして子供用に座高を上げるクッションの貸し出しがありましたが、このクッションもまず身長を測ってそれに合わせた物を貸して下さるという配慮の細かさ。
スタッフの方々もホテルウーマンの様にピシッと礼儀正しく親切。


それから舞台。

上演前は狭そうに見えた舞台。
何の何の

舞台は草原にも渓谷にも星空にも変化し、上から下から横から様々な仕掛けが用意してあり、それはライオンキングを演じる為の舞台でした。
『ここでしか観れない』を実感。


更に演技は言わずもがな。ド素人に細かい事は分かりませんが、楽しかった。
『演技』を見ている感覚をあまり感じず、物語を読んでもらってその中に入り込んでいるような…。

ティモンのノリツッコミが笑えました(笑)

あと動く床や舞台道具が新鮮で興味深々なのですが、これはあまり書くとネタバレになってしまうので割愛。


ところで気になったのはライオンとハイエナ達の衣装の差。

ライオンは見た目は人間で、衣装は色数の少ないシンプルな作りのライオンの飾りを頭に置いて更に尻尾が付いてる程度。二足歩行。

比べてハイエナ、ティモンとプンバは衣装が頭から足まであって人の顔は見えなくて、頭部は口の開け閉めも出来て、歩き方も四足歩行で、動きはかなりディズニー。

この違いにはどういう意図があるんでしょう( ? _ ? )
個人的にはディズニーの映画の動きを人間が再生出来てるのが面白かったのでハイエナが好きです。小学生男子のようなアホかわいいキャラクターも

これだけ違ったものが一つの作品に同居しているのが不思議で、どういう効果があるのか気になります


あぁ。それにしても本当にいい刺激を頂きました。
また観に行きたいです。
ハイエナダンス恰好よかった~


四季ビル、窓を突き破ったトナカイのオブジェが!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。